管理人の婚活年表

管理人の婚活年表

雲のハート

 

完全に思いつきですが、
管理人の婚活年表をまとめてみました。
(オマエの婚活なんか興味ないって方は読み飛ばしてくださいぃぃー)

 

 

管理人が婚活を思い立ったのは、2012年1月。

 

 

このとき31歳で、
まずは、大阪の婚活パーティーに出てみることから
始めました。

 

 

そのあとの活動については
下の表のとおりです。

2012年1月〜7月
大阪で婚活パーティーに行きまくる。
7ヶ月間で14回(月2回のペース)。
でも、思うような出会いや発展は無し。

 

2012年8月〜11月
婚活に疲れて、4ヶ月間も何もせずほったらかしに。

 

2012年12月
結婚相談所(1社目)に入会してみる。

 

2013年1月
1社目結婚相談所の仲人さんが合わなくて途中退会。

 

2013年2月
2社目結婚相談所(サンマリエ)に入会する。

 

2013年4月
6人目に紹介された今の旦那と出会う。

 

2013年6月21日
入籍!

一覧にまとめるとコンパクトですが、
婚活しよう!と行動を起こし始めてから、
本当にいろんなことを考えたし、
いろんなことが変わりました

 

 

くわしくは

 

>>婚活パーティーってこんなところ

 

>>結婚相談所ってこんなところ

 

に、それぞれまとめていますので、
興味のある方はどうぞご覧ください。

 

 

ところで婚活前の管理人は、
どんな恋愛遍歴だったかというと
大学時代の半年間、だけです。
(21歳のとき)

 

 

もう今となっては、
いったいその相手のなにが好きだったのかも
思い出せないです><

 

 

今から思えば、
恋人がいるというだけで得られる安心感だけ
得られれば良かったのかもしれない。

 

 

その相手には、他の女性を好きになったとかで
結局わたしは振られたのですが・・・

 

 

振られたあとの思い出の整理とか、
つくづく自分が、恋愛に向いていないことを確認する
一人反省会とか、
心にぽっかり穴が開いた喪失感の取り扱いとか。

 

 

そういう一連の儀式みたいなのが
面倒くさくなってしまって、それ以来、

 

 

「恋愛なんかめんどくさい、別に結婚しなくてもいいや。」
と思うようになっていました。

わざわざ婚活をするには意味がある

2010年の国勢調査のデータによると

 

 

京都府の20代女性の未婚率は、78.23%で堂々の全国TOP!
なんです。

 

 

そしてこれは、30代になってもあまり変わらず、
東京都に次いで第2位なんですね!

 

 

これは男性も決して例外でなく、
京都の20代男性未婚率も、84.35%で
全国TOPという成績です。
(8割以上が独身・・・)

 

 

調査では、原因までは言及されていませんが、
もしかしたら京都人って
管理人みたいな人が少なくないのでしょうか。

 

 

また、親の世代と違い、結婚しなくても困らない
(実際は、老後に困る人も多いと思うけど・・・)
と考える人も多いみたいです。

 

 

でも、いつかは結婚したいなと思っている人は
どんな形であれ、婚活(=結婚相手を見つける活動)
は、今からしておいた方が良いと思います。

 

 

あとで後悔する前に・・・。

 

幸せな晩年って、絶対にお金では買えませんから。

 

まだちょっと先の話ですけどね。

 

 

こちらの記事もおすすめです!
>>【2017年版】結婚相談所リアルな口コミランキング
>>妹のゼクシィ縁結びカウンター成婚体験談
>>管理人のサンマリエ婚活体験談