相手の心をつかむ婚活トーク術

婚活の3分間トークで相手の心をつかむコツ

大笑いするふたり

 

会話中、ただなんとなーく話しただけでは
相手の心には何も刺さりません。

 

 

また、よく「話を聞いてくれる人はモテる」
なんて言いますが、だからと言って
とにかく聞き役に徹する!という作戦は
実は、婚活ではあんまり効果が無いです(泣

 

 

なぜかと言うと、自分が話すのと同じくらい
人の話を聞くのもコツがいるので、
普段から意識して人の話を聞く人でもなければ
ただの無口な人で終了だからです(T_T)

 

 

では、トークが苦手な人は
どんな方法を取れば
相手に良い印象を与えられるでしょうか?

 

 

トークで人に良い印象を残すために
覚えておいた方がいいキーワードがあります。

 

 

それは、共感です。

 

 

そして、この共感を作り出すために
管理人は婚活中、
ひとつ簡単なコツを使っていました。

 

 

それは、まず相手のプロフィールから、
自分が共感できるネタを見つける
ことです。

 

 

ひとは、やっぱり共感できるものにしか
興味が持てません。

 

 

共通点があると、人は安心するんですよね。

 

 

たとえば、
相手のプロフィールの中に
「休日の過ごし方:ラーメンの食べ歩き!」
みたいな項目があったとします。

 

 

でも、自分はラーメンよりも
美味しいコーヒーが飲めるカフェ探しの方が
好きだったりする・・・。

 

 

この場合、好きなものは違いますが
「美味しいものを求めてお店を探す」という目的は、
共通していますね。

 

 

そこで、まずあなたはこう言います。

 

 

「ラーメンの食べ歩きがお好きなんですね。
たまたま、下調べもしないで入ったお店が
すごく美味しかったりすると
気分上がりませんか?」

 

 

お相手:「上がりますよね。えーっと...(名前を確認)
○○さんも、食べ歩きされるんですか?」

 

 

あなた:「わたしはコーヒーに目がなくて、
(コーヒーの)美味しそうなカフェを見ると
思わずそのまま入っちゃうんですよ。」

 

 

お相手:「店構えが美味しそうって感じ、
分かります(笑
たまたま通りかかっただけなのに、
食欲が勝手にロックオンされるんですよね。」

 

 

・・・と、めっちゃ適当に作った会話ですが(笑

 

 

このような感じで、
まずは自分が「共感したよ」と伝えることで
相手は、「自分のことを分かってもらえた」
という気分になるので、
心を開いてもらいやすくなるのです。

 

 

相手が心を開いてくれていれば
それまでの緊張した空気が嘘のように
話しやすくなるってことありませんか??

 

 

ここまでくれば、もうトークのうまいヘタなんて
ぶっちゃけあんまり関係ありません。

 

 

会話において大事なのは
最初の緊張感をいかに振り払うか
なのです。

 

 

婚活における最初のトークは、
交際に発展するかどうかを決める
とても重要なイベントなので
対策をし過ぎるということは無いです。

 

 

はじめての3分間トークのとき、
自分のアピールに必死で
相手に引かれまくっていた管理人も、
この方法で楽に会話できるようになったので
どんな方でも効果はあると思いますよ!

 

 

この「共感トーク」は、
婚活パーティーやお見合いなど、
相手のプロフィールが少しでも
分かっているときにはすぐに使えますので
よかったら試してみてくださいね。

 

 

こちらの記事もおすすめです!
>>共感されるトークを作るコツ
>>トークで緊張しないための対策法
>>ゼクシィ結婚相談所が人気の2つの理由