毒親育ちだからこそ結婚して幸せになれた

毒親育ちでもちゃんと幸せになれるぞー!

毒親育ちでも幸せな結婚はできますか

 

はじめまして、美里と言います。

 

 

現在、結婚2年目。

 

 

1つ年下の旦那と、今年1歳になる息子と
3人暮らしをしている37歳女です。

 

 

これをお読みいただいている人の中には、
親のことが原因で、自分に自信が持てないとか
将来、自分が幸せな家庭を作っているイメージが
まったく湧かない!!

 

 

という人も、いると思います。

 

 

しかし、今回はあえて、私の実際の体験から
毒親育ちでもちゃんと幸せになれるぞー!!
ということをお伝えしたくて、
今この記事を書いています( ..)φ

 

 

ネットがある時代でよかった。
どうか、同士に届きますように!!

父は単身赴任で、母はネグレクト・・・

毒母ネグレクト

 

自己紹介の代わりに、
まずは私の育った家庭環境について
ちょっと書いておきます。

 

 

我が家は商社に勤める父と、専業主婦の母、
そして一人っ子の私の3人でした。

 

 

父は仕事柄、とにかく転勤が多くて
そのつど、家族で引越しをするのはちょっと
効率が悪すぎる・・・ということで、
父だけいつも単身赴任していました。

 

 

さらに祖父と祖母の家も遠かったので、
母は、ほとんど一人で私の子育てを
していたような状態だったみたいです。

 

 

ここまで聞くと、すごく頑張り屋さんの
いいお母さんに聞こえなくもないのですが・・・

 

 

わたしの母はそもそも子どもがキライなうえ、産むとしても男の子が欲しかったらしく、

 

 

つまり、女として生まれた私は最初から
母に望まれてはいなかったわけです・・・。

 

 

さらに父は、私が小さかった頃こそ
可愛がってくれていたみたいですが
仕事で海外赴任することも多くなったりで
私が小学校にあがってからは
年に数回しか会えなくなっていました。

 

 

さて、父がいなかった間、
子ども嫌いでしかも男の子が欲しかった
私の母が私に、なにをしたかというと・・・

 

 

・きほん挨拶は無し。(おはようもおやすみも何もなし)

 

・ごはんは別々に食べる。(母は作りながら食べてしまって、わたしは一人で食べる)

 

・手作りのお弁当は見たことない。学校行事などでどうしても必要なときは、どこかで買ってきたパンとかおにぎりとか冷食のみ。

 

・休日のお昼ごはんは基本なし。(欲しければ自分で作る)

 

 

念のためここでもう一度言っておきますが、
母はずっと専業主婦です

 

 

私が大学で家を出るまで
母とはずっとこんな生活だったもので

 

 

私なんか、別にいなくてもいい存在なんだなー

 

 

と私は心の底でずっとそう思っていました。

寂しさから逃げたくて・・・27歳のあやまち

27歳不倫

 

学校にいけば、友達はポツポツいました。

 

 

でも一緒にいると絶対に、
「家族で旅行いったー」とか
「ママのバッグおさがりでもらったー」
みたいないかにも幸せそうな話が
ポンポン出てくるので、、、

 

 

めちゃくちゃ居心地が悪くて、
学校以外は基本的に
自分の部屋にこもっていました。

 

 

そうやって、寂しさに耐えてたのが
社会人になって5年目のときに
ドォーーーーーンと爆発しちゃったんです。

 

 

やっぱり、「さびしい」という気持ちが
もともと根っこにあるからか
優しくしてくれそうな男性を見ると、
たとえダメンズ相手でも惚れっぽい私。

 

 

27歳のときに、
当時一緒に仕事をしていた15歳年上の
妻子持ち上司と不倫関係になったんです。

 

 

上司の奥さんと子どもからしたら
私はまったく最低な女でしかないのですが・・・

 

 

この上司と付き合って、私は自分が

 

 

家庭の温かみをすごく求めていた

 

 

ということに、
はじめて気がつきました・・・。

 

 

人生ではじめて
他者からあれこれ気にかけてもらったことで
ずっと閉じていた心のカギが開いたような
そんな気分でした。

 

 

この上司にはひとつ
すごく感謝していることがありまして、
それは、

 

 

「○○(私)はぜったい結婚できるよ。」

 

 

と言ってくれたこと。

 

 

不倫相手の分際で、何言ってんだこのオヤジ!?
って感じなんですがww

 

 

他にも、たとえば、

 

 

「俺の母親はのほほんとした平凡な母親だけど
それでも俺自身、幸せな家庭の作り方なんて
ぜんぜん分からんよ・・・まぁ、
見てれば分かると思うけど(笑」

 

 

とかとか・・・

 

 

「たしかに説得力あるわぁぁー!!」
と、妙に納得してしまいまして( ≧艸≦)

 

 

結果的にこの上司の言葉がきっかけで、

 

 

「もしかしたら、私もふつうに結婚していいのかも」

 

 

と、このときはまだほんのちょっとですが
思えるようになりました。

が!ここから結婚できるまでが長かったw

ただワタクシ、社会人になってからは
友達と言える人間がほぼおらず、
唯一本音で話せるのがこの不倫上司だけという
過疎な人脈の中で生きていたため、

 

 

ここから今の夫と出会って結婚するまでに
7年もかかりました・・・。

 

 

ところで例の不倫上司はというと、
私が29歳の時に関係を解消しまして、
そこから少しずつ婚活なるものを
やってみることにしたのです。

 

 

はじめは、数少ない友人のツテをたどって
合コンすること、3回ほど。

 

 

そのあと、婚活パーティーに
10回以上参加しました。

 

 

そのうち、お付き合いまでいった人が
2人ほどいましたが、
結婚の決め手がイマイチ分からず
結局、お別れ・・・(´_`。)

 

 

「みんな相手のドコみて結婚決めてんの?」
と、ずっと不思議で仕方がなかったです。

やっぱり私に結婚なんて無理なんじゃないの?モードに・・・

私に結婚は無理

 

このあたりでちょっと
私の悪いクセが出まして・・・(T - T)

 

 

「やっぱり私には結婚なんてムリなんだあぁ!」

 

 

という超ネガティブ思い込みモードが炸裂し、
数年、婚活をやめて
仕事に逃げてしまいました・・・!

 

 

このとき、逃げてなければ、
もっと早くに結婚できていたかも(´Д`。)
でもどうしても、
自分に自信が持てなかったんです(泣)

 

 

そんなこんなで、気づいたら
なんともう35歳に。

 

 

「さすがにもう逃げてられないーーー。」
と焦ってきていたころ、

 

 

たまたまネットで見つけて
「コレだあぁー!」と思った
結婚相談所に、そのまま勢いで入会しました。

 

 

結婚相談所って、なんとなく
「おばちゃんがおせっかいしてくる場所」
みたいなイメージがあったのですが、
私の入ったところは、担当者がわりと
さっぱりとした感じでよかったです。

 

 

他人(とくに年上の女性)にベタベタされるの
ほんとに苦手なので・・・(-ε-)

 

 

こうして私はこの結婚相談所で
なんとか35歳のうちに、
1歳年下の夫と出会うことができました。

私の結婚後、母との関係はどうなったのか?

結婚後毒母との関係

 

で、結婚したはいいけれど、
母とはその後どうなっているのか?
と言いますと・・・

 

 

母は相変わらずドライだし、
私も、出産のときに里帰りなんて
もちろんしませんでした。

 

 

それでも1年に2回くらいは、
息子(母にとっては孫)を見せに
実家には帰ります。(日帰りでw)

 

 

母とはこのまま、たぶん死ぬまで一生
この距離を近づけることはないでしょうね。

 

 

もしこの先、介護とかになったら、
私は迷わず、母を施設に入れると思います。
そのときのためにも、今のうちにできる限り
私自身も稼いでおくつもりです。

 

 

たまに今でも
「なんでウチは普通の親子関係じゃないんだろ」
と寂しくなることはありますが、、、
自分がほしかった愛情は子どもにあげればいい!
と思って毎日息子と接してます。

 

 

今は、「息子のおかげで私がいる」みたいな
立場が逆転している状態ですが、
間違いなく、これまでで一番幸せです。

 

 

だから、毒親に育てられた自覚がある人で
いま、結婚したい相手がいる人も
まだいないという人も、
どうかどうか、ご自分の幸せを
あきらめないで欲しいです。

 

 

人生なんて本当に何歳からでも、何回でも
逆転できますからねっ・・・☆

 

 

こちらの記事もおすすめです。
>>婚活したいけど自分の性格に自信が無い人へ
>>毒親育ちのママにアンケート!毒親持ちの結婚・出産事情

 

 

ちなみに私が行った結婚相談所は
ゼクシィ縁結びカウンター」というところです!
安くて評判も上々のため、
無料相談の予約がすぐに埋まるらしい・・・
残席は予約フォームから確認できます。

 

 

 

ゼクシィ縁結びカウンター無料相談予約カレンダー