他人と暮らす自分が想像できない

他人と暮らす自分が想像できなかった

喧嘩しそうなカップル

 

そもそも、実家での共同生活に
相当ストレスを感じていたので、
その後の独り暮らしは、快適そのものでした!

 

 

「もう、親の顔色うかがわなくていいんだ!」
とか、

 

 

「お風呂の順番とか気にせず入れるんだ」
とか、

 

 

「寝坊しても怒られないんだ!」
とかとか。

 

 

23歳にして、ようやく
本物の自由を手に入れた感じがしました。
(今考えると、どれも子どもの思考だけれどw)

 

 

「独り暮らしをしてはじめて親の大変さが分かる」

 

 

なんて聞いたこともありましたが、、、

 

 

自力でイチから何かを習得することには
慣れていたので、とくに独立してから
苦労したとかは無かったです・・・。

 

 

仕事もそこそこ順調だったので、
まさに「一人暮らしを謳歌!」という感じ。

 

 

そんな管理人にとって、「結婚」というのは
実家に戻るくらい
苦痛なことのように思えました><

 

 

自宅でまで他人を気遣うなんて、
ぜったいストレス溜まるよ・・・って。

 

 

しかしです・・・!

 

 

一人暮らしの平穏っていうのは、
たとえるなら「保留」ボタンを押したまま、
休憩時間がずーーーっと続いているみたいな
感じなんですよね。

 

 

実家からは逃げるようにして出てきたから、
親との確執も、きょうだいとの微妙な距離感も
ぜんぶそのまま。

 

 

たしかに楽だったけれど、
でも決して、
心から楽しいとは思えなかったです。

 

 

トラブルも少ない代わりに、
でもいまある問題はひとつも解決しないまま、
ただ歳だけ取っていくという。

 

 

そういうわけで、
なんとなく、
少しずつ、

 

 

「このままでいいのかな(いやダメかも・・・)」

 

 

と思うようになっていきました。

 

 

でも、どうしたら波風を立てずに
この保留ボタンをOFFにできるのか
まったく分からなかったんです。

 

 

すっごく大好きな人なら、
一緒に遊ぶのは楽しいかもしれないけど、

 

 

いざ一緒に住むってなると、
どうしても、イライラしてる自分しか
想像できませんでした。

 

 

両親の夫婦関係も
うまくいっているとは言い難かったし、

 

 

おまけに、学生時代の3つ上の先輩は、
子どもが生まれた途端、
旦那さんが職場の年上女性と不倫に走って、
いっときほんとうに離婚しそうで危なかったりで。

 

 

「結婚して幸せになるとは限らないんだよなぁ」

 

 

なんて、悟ったようなことを
考えていました。

 

 

「どなたか、夫婦関係がうまくいっている話を
ひとつでいいので聞かせてーー!
そしたら前向きに結婚考えるから。」

 

 

と、言いたかった。

 

 

親たちだって、そもそも
自分たちがうまくいってないくせに
人に気軽に結婚結婚言うなー!とか
思ったりもしてました。

 

 

でも、今から思えば、
とにかく何でも人のせいにしながら、
みずから幸せを手放してた
だけでした。

 

 

お恥ずかしながらそんな時代も
ありましたね・・・★

 

 

こちらの記事もおすすめです!
>>30代妹がゼクシィ縁結びカウンターで本気婚活した感想
>>親になった自分が想像できない
>>【2017年版】結婚相談所リアルな口コミランキング