婚活の悩み解決ラボ

結婚相談所本音の評判・口コミランキング2017!

結婚相談所で結婚した人しか知らないリアルな体験談をもとにした結婚相談所ランキングです!
体験談には、メリットもデメリットもすべてそのまま書いていますので、ぜひ参考になさってください。

rank1 ゼクシィ縁結びカウンター

ゼクシィ縁結びカウンター

 

 

【婚活成功の秘訣!】
2015年4月サービス開始。初期活動費も成婚料も0円という費用の手軽さから、無料相談の予約が取りづらいほどの人気ぶり。

 

スタンダードプランがおすすめ!専任スタッフのサポートも丁寧と評判。

 

無料相談では結婚相談所の仕組みについてイチから丁寧に説明してくれるので、「結婚相談所はちょっと不安・・・」という婚活初心者は特に、話を聞きに行くだけでもおすすめ。無料相談後の勧誘も一切なし。

初期費用

30,000円 (入会金のみでOK。初期活動費は無し!)

月会費

16,000円

成婚料

0円

成婚者評判

星45

 

>>ゼクシィ縁結びカウンターのリアル婚活レポートはこちら!

 

rank2 パートナーエージェント

パートナーエージェント

 

 

【婚活成功の秘訣!】
2016年度の成婚率28.2%。会員数は2017年時点で約12,000人。休会制度は無し。

 

料金の割にかなり手厚いサポートが受けられ、成婚した人の7割弱が登録から1年以内に結婚している。(2015年実績)

 

パートナーエージェント登録前は「自分に自信が無い」「婚活がうまくいかない」と言っていた会員でも、専任スタッフが的確なアドバイスで人間力を引き上げてくれる。「自信がついた!」「人の目を見て会話を楽しめるようになった!」という成婚者も多い。

初期費用

125,000円 (入会金と初期活動費)

月会費

16,000円

成婚料

50,000円

成婚者評判

星4

 

>>パートナーエージェントのリアル婚活レポートはこちら!

 

rank3 楽天オーネット

楽天オーネット

 

 

【婚活成功の秘訣!】
サポートについてはさっぱりしていて、基本的に自分で考えて動くスタイルの結婚相談所。会員数は2015年時点で約46,000人と多く、また全国に支店があることから、地方の人や、再婚者の人に特におすすめ。

 

お相手の探し方は、検索だけではなく、パーティーも人気。年間2,800回もあり、スポーツ婚活などテーマもたくさんあるので、会話の苦手な会員が、趣味系のパーティーで結婚相手に出会えたという口コミも。

 

オーネットには休会制度がある。真剣交際に入った時点で休会し、うまく費用を抑える工夫をしている会員も多い。

初期費用

106,000円 (入会金と初期活動費)

月会費

13,900円

成婚料

0円

成婚者評判

星35

 

>>楽天オーネットのリアル婚活レポートはこちら!

 

rank4 ツヴァイ

ツヴァイ

 

 

【婚活成功の秘訣!】
会員数は2016年時点で約32,220人と、大手結婚相談所では楽天オーネットの次に会員数が多い。支店が全国に広がっているため、地方の婚活や、再婚者の人にもおすすめ。

 

他の結婚相談所との大きな違いは、月ごとの紹介人数を下げることによって月会費を安くできること。紹介状よりも自分で掲示板を見たり、会員専用の婚活パーティーに参加して相手を探したい人は費用が安く抑えられるのでピッタリ。

初期費用

145,000円 (入会金と初期活動費)

月会費

9,500円―13,800円(紹介人数によって変わる)

成婚料

0円

成婚者評判

星3

 

>>ツヴァイのリアル婚活レポートはこちら!

 

31歳のいけず独女が、33歳で結婚するまで

婚姻届

 

管理人は、結婚するまで
一生結婚なんかしたくない!
と思っていました。

 

 

暇つぶしなら、
パソコンもスマホもテレビもある。

 

 

会社だって、
何だかんだ独り身が一番働きやすいし。

 

 

結婚した同僚や友人の苦労話は、
たいがい「大変だねぇ」って聞き流せばいい。

 

 

近所づきあいも、親戚づきあいも
わずらわしい関わり一切なし!

 

 

今の時代、独り身は何といっても
楽チン♪なんです。

 

 

じつは結婚した今でもこう思います。

 

 

結婚は、人生の命題ではない

 

 

じゃあなんでわざわざ
結婚なんかしたんや?
と申しますと・・・

 

 

恥ずかしいので小声で。

 

 

結婚したくないと言いながら
実は結婚にあこがれている自分に
気付いてしまったから

 

 

これがメディアの刷り込みか、
はたまた子孫を残すことに必死な
DNAの仕業なのかは分からないですが、

 

 

いま自分の本心に従っておかないと

 

この先、取り返しのつかない
後悔をしそうな気がしたので、

 

急に怖くなって、当時31歳で
本格的に婚活デビューをしました。

 

 

このブログでは
31歳独女だった管理人が紆余曲折を経て、
33歳でついに納得のいく結婚をした過程を
ありのままに記録していきます。

 

 

まずは自己紹介がてら、
なんでこんな手作り感満載の個人ブログを
立ち上げようと思ったのか、
ちょっとお話いたします。

 

(興味の無い方はすっ飛ばしてください!)

 

ずっと京都

 

生まれは、京都市の伏見区というところで、
そのあと何度か引っ越しはしたものの、
ずっと京都暮らしです。

 

 

モノゴコロがついた頃の管理人は、
人と関わるのは嫌いじゃありませんでした。

 

 

ふつうに遊んで、喧嘩して、
仲直りして、また遊んで。

 

 

でも、小学3年生になったあたりから、
子ども心にちょっとした
「生きづらさ」みたいなものを
感じるようになりました。

 

 

その頃から、ひとたび友人ができても、
その友人と、良い関係を持続させる方法が
分からなくなったんです。

 

 

まるで心の外側に、
分厚い壁のようなものができたみたいに。

 

 

具体的に、どういうことが
起こったのかというと・・・

 

 

人間、どんな人でも
調子の良いときもあれば、
「体調が悪い、気分が乗らない」
という時も、当然あるとおもいますが、

 

 

周囲の人のそんな気分の波を、
当時の管理人は、
受け入れることができませんでした。

 

 

ある日、ちょっとしんどそうな顔をした
友人を目の前にして、
本来なら、

 

 

「どうしたの?何かあった?」

 

と気遣ってあげないといけないところを

 

 

管理人は勝手に、

 

 

「わたし、何かした・・・?

 

何が気に障ったんだろう?」

 

 

と自己中心に思い込み、
勝手に距離をとって、
そのまま関係はフェードアウト。

 

 

これを何度となくやりました。

 

 

相手からしたら、
なんで急に管理人が距離を取るのか、
まったく理解できなかったはずです。

 

 

この時の管理人、心の中では、
「こんな態度とりたいんじゃない!」
と思っていました。

 

 

でも、いったい何がおかしいのか、
どうしてそういう行動しかとれないのか、
本来はどうふるまえばいいのか、
当時は本気で分からなくて、
ずっと悩んでいました。

 

悩む子供

 

親しくしてくれた同級生もたくさんいたのに
管理人の勝手な思い込みのせいで、
いったい何人の友人たちを傷つけてきたことか。

 

 

謝っても謝りきれません。

 

 

それは、ずいぶんあとになってから分かりました。

 

 

「わたし何かしたかな?」と思ってしまう
思考回路の原因は・・・

 

 

家に帰ってくるたびに気分が違い、
イライラしているときには、
子どもの粗探しをして怒鳴り散らす
母との生活でした。

 

 

結局、その思考回路は、
大人になるまで変わりませんでしたよ。

 

 

婚活を決意して、自分と向き合うようになるまで、
延々と孤独感は続きました。

 

 

その後、婚活中に出会った
すべての人たちのおかげで
心の壁はガラガラと崩れ去り、
今では生きることがだいぶんラクになりました。

 

 

その結果、
心の奥でひそかに憧れていた結婚生活を、
今、幸運にも送ることができています。

 

 

気付いたら、もう33歳でしたが。

 

 

でも、いまは幸せなので結果オーライです。
口には絶対に出さないですが、心の中では
「母親ざまぁ」と思っています。