戸籍のバツは消せるってホント?

再婚の人が戸籍のバツを消す方法

フォークと指輪

 

一度でも離婚をすると、
戸籍に大きなバツがつくというのは
有名な話ですね。

 

 

でも、これは昔の話。

 

 

戸籍の管理がまだ縦書きで
行われていた時代のやり方です。

 

 

では、今ではどのような運用なのかというと、
今や戸籍は、すべて電子データ化されています。

 

 

それで、離婚をした場合は、
戸籍から追い出される人の名前の横に、
「除籍」と書かれるのです。

 

 

(これが、バツの代わりになります。)

 

 

つまり、
戸籍の筆頭者が夫の場合は、妻の名前の横、
妻が戸籍筆頭者の場合は、夫の名前の横に
それぞれ「除籍」と印字されることになります。

 

 

つまり現代では、この「除籍」の文字が
離婚歴の証として、残ってしまうわけですね。

 

 

過去の事実として残ってしまうのは、
仕方のないことですが・・・

 

 

人にはそれぞれ、いろんな事情がありますよね?

 

 

中には、
戸籍から自分の離婚歴を知られるのが
どうしても嫌だという人もいるはずです。

 

 

ではこういう場合、どうすればいいのでしょうか?

「転籍」という手段

引越し

 

戸籍から自分の離婚歴を知られたくない人は、
転籍するという方法があります。

 

 

転籍とは、本籍地を変更することを指します。

 

 

「なんかそれ、
すごく後ろめたい手続きなんじゃないの?」

 

 

と思われた方もいるかもしれませんが、
心配しなくてOKです。

 

 

転籍はごくふつうの、ホワイトな手続きです。

 

 

たとえば、
おじいちゃん家(本家)が引っ越した時なんかに、
転籍手続きは行われています。

 

 

でもたまに、本家が引っ越したあとも
本籍を動かすのを忘れていて、

 

 

あらためて自分の本籍地を見ると、
「この住所どこ?」という本籍地が書いてあった
なんて場合もあります。

 

 

本来は、おじいちゃんが家を手放した時点で、
転籍の手続きをした方がいいのですが、
別にそのままでも、
行政から怒られることはありません。

 

 

なぜかというと、実は本籍地とは、
実際に所有する家がそこになくても、
登録することが可能だからです。

 

 

今の日本の制度では、
本籍地は、いまの住所や勤務地に関係なく
日本国内の土地ならどこにでも設定ができます。

 

 

(実際に、「皇居」の住所を
自分の本籍地としている人なんかもいますよ。)

 

 

転籍の方法は、「転籍届」を、
本籍地転籍地住所地
いずれかひとつの役所に提出するだけです。

 

 

これにより、
転籍した本籍地で、新しい戸籍が作られます。

 

 

このとき作られるまっさらな戸籍には
離婚したことが分かるような記述は、載りません。

 

 

なぜこんなことが起こるかというと、
新しい戸籍を作るとき、
古い戸籍から引き継がれる情報の中に
「離婚履歴」は含まれない仕組みだからです。

 

 

つまりこの状態で戸籍謄本を発行してもらえば
離婚歴の載っていない戸籍謄本
を作ることができるのです。

 

 

しかし!

 

除籍謄本には結婚歴が残ります。

 

 

また、ひとりだけ独立した戸籍ということから、
過去の離婚に気付く人もいるかもしれません。

 

 

(そもそも結婚したことが無い人は、
自分の両親と同じ戸籍に入っていますよね?)

 

 

というわけで、安易に離婚歴を隠すことは
けっしておすすめしませんが、
どうしても知られたくない理由がある場合は
こういう手もあるということを
覚えておいても良いかもしれませんね。

 

 

こちらの記事もおすすめです!
>>自分に合う結婚相談所の選び方
>>こっそり婚活派?それとも公言派?
>>結婚相談所1社目の失敗理由